忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、商品も納品して
またコルセット製作に取りかかってます。
今月は、なんだかんだで、コルセットばかり作る事になりそう。
こりゃ、本格的にコルセティエに転向かしら(^_^;;)

さて、今回は
そのコルセット製作現場をちょっとのぞいてみることにしましょう。

P6010001.jpg









既に製作途中になっちゃってますが、
立体裁断でとったパターンを用いて生地を裁断し、
それぞれのパーツをひたすらに縫い合わせます。

P6020010.jpg









全てのパーツが縫い合わさったら、
縫い代を折り込んでステッチして行きます。

P6020003.jpg









こちらは、全部の縫い代にステッチがかけ終わったところ。

P6020012.jpg









ステッチが終わったら、各縫い目にボーンを通して行きます。
それが終わると、裾をバイヤステープでパイピングします。

P6020017.jpg









後レースアップ部分にハトメ穴を空けて
ハトメを打ち込みます。
数が多いのでなかなか大変な作業です。。。

P6020020.jpg









穴が全部空いたら、このように紐を通して行きます〜。
もう、すっかりコルセットの形ですねw

P6020024.jpg









こちらはコルセットを平に置いたところ。
平には置けてませんがね(笑。

P6020023.jpg









私が作るコルセットは、ドレーピングでパターンを取っていますが、
シルエットが超立体な上、
パーツ数が鬼のように多いです。
一般的なコルセットが、多いものでも12〜14パーツ程度で構成されているのに対し、
私のものはほとんどが16以上。多い物は20を超えます。
このコルセットも18パーツから成る鬼接ぎ状態です。
なんで、こんなにも小分けにするかと言うと、
単純にデザインということもあるのだけど、
それぞれのパーツを小さく、沢山接ぎを入れる事によって、
体の微妙な凹凸にもぴったり合った細密なシルエットに作り上げると共に、
局所的にかかるボーンの負担を分散し、
着用した際の苦痛を軽減する目的があります。
実際、私も海外製のコルセットとかいくつか持ってるんですが、
変にボーンがあばらに刺さったりして痛いんですよね。
長時間はつけていられない感じ。
自分もコルセットを付けるからこそ、着け心地の良いものを追求したい。
というコンセプトから作られています。

ちなみに、こちらのコルセットは20インチで
フルクローズでウエスト51cm上がり。
誰が着るんだそんなもの!って思うかもしれませんが、
コルセットのサイズは、実際のウエスト-10cmくらいで決めるので
実は、ウエスト60cmくらいの方に丁度いいサイズなのです。
私個人としては、あまり締め上げ過ぎたくもないので、
自分用には-5cmくらいで作っています。
PR
今回はまた全然違う感じ。
お洋服部門で、しかもコルセットを作ってみました。

素材は革ではないのだけど、
革で作っても素敵かも。

どんなデザインにしようか漠然と考えながら湯船に浮かんでたら
ふと、こんなのが思い浮かんだので
これを作ってみる事に。

IMG_0001.jpg












今回は、
ドレスやワンピースの上から着ける
というのを前提にサイズ、シルエットを
構築してみましたよ。

_DSC0243.jpg













_DSC0246.jpg













ほぼイメージ通り出来たのではないかな。
後の燕尾みたくなってる部分はもうちょっと短くても良かったのかなぁ。
脇のカットももう少し切り上がってても良かったかも。
あと、背中のラインをもっとはっきり出したかったね。
とか思いますが、概ね満足。
写真ではスレンダーなドレスに合わせてますが、
マニッシュよりで
パンツスタイルにネクタイとか合わせてもカッコいいなと思ったり。

素材=綿ヘリンボンストライプ
サイズ=20inch

¥33,000
 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
rei
HP:
性別:
女性
職業:
デザイナー
趣味:
デザイン、バイク、音楽、グラフィック
自己紹介:
レザークラフトがメインのデザイン工房
「DESIGN BUCKER」を主宰。
主に1点ものやオーダーデザイン等を手掛け、
世界に一つだけのレザー雑貨を世に送り出しています。

突発的にお洋服やステージ衣装のデザイン製作から、
帽子やアクセサリーを作る事も。
服飾全般の「なんでも屋さん」でもあります。
QRコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]